がーるの生きてるだけで御の字

希死念慮に取り憑かれつつ、なんとか生きてるって毎日を綴ってます

帰ってきた

中原中也の詩

よごれつちまった悲しみに


中原中也は子供が死んで以来、詩にも狂気を帯びていく


子供1人でこうなのだ


果たして、2人も大切な家族を相次いで亡くして、平静でいられるのだろうか


実家に帰ってみた

うちにある、子供の頃の写真はみんな叔父の写した写真


居間にある、たくさんのCDは、母への最後のクリスマスプレゼントと、口も聞けない、動きもできない母へのせめてもの娯楽に買った物


空き部屋になった自分の部屋には、母が癌を推してまで買ってきた、クリスマスプレゼント

遠くにはいけなくて、近くのスーパーで買ったらしいお菓子の詰め合わせ


どんな高いものより価値がある

未だに食べられないなあ


2人の命日が来るたび、クリスマスが来るたび、記念日の度に思い出すはずだ


実家には、2人の思い出がたくさんだ


事故で家族がいきなり何人も亡くした人は、どんな気持ちなのかな?


死にたくならないのかな?


とりあえず、家に帰ってきたよ


心配してくれた人達、ごめんなさい

ここはどこでしょうか?

死ぬのも頑張んないといけないとか


f:id:elbianno0088:20170630192803j:plain

生まれなくて良かったっての


望んで生まれたわけでもなし


どこに行こうが幸せ面して寄り添ってる人間ばかり


幸せなんてなれないわ


さっさと死にたい


ここで質問

ここはどこでしょうか?


昔、自殺掲示板にエクアドルさんと呼ばれた人がいて


死ぬ前にエクアドルから写真送って同じ事言ったんだ


それから音信途絶えた


死ねたなら、羨ましいな


溺死は苦しそう


楽な死に方発明したら、きっとノーベル賞物だよ


だって死は救いだから










旅行

なんか病んできた


前より元気になった

あなたはきっと大丈夫

あなたはまだ他の人より元気だから



上辺しか見てない人間のくだらない言動にイライラ


なにも知らないくせに


悲しむ暇も落ち込む暇もなかったんだよ


冷静を保てないと誰も頼れなかったから


だから表面にだせなくなっただけだ



いっその事、今日死んでやろうか

戯言はいた連中がどんな顔するか見ものだ


あ、ばあさんの件でまた電話があるんだっけ


知ったこっちゃない


叔父も母にも迷惑かけて、助ける事さえしなかったくせに


私が母にすがりたかったように、母だって祖母にすがりたかったはずだ


今際の際まで迷惑かけて、会うのも住むのも母は嫌がってた


叔父が体調の事なんにも言わなかった?


あんたが頼れないからだよ


身体が痛いとか、咳き込んだり


こっちは何回も聞いたわ


死にたい時にも御構い無しで騒ぎやがって



とりあえず、荷物持って家を出る


考え事ばかりでイライラ  

注意力がない

忘れ物

イライラ

ループ


荷物取りに帰る


今日中に目的地につくかな?


叔父の事

七夕が近づくなあ、と思いながら、叔父の事を考える


障害者の両親に変わって、できない事を全部やってくれた


子供の頃は叔父の家に入り浸り

親より懐いてしまって母親が困惑してたっけ


運動会も卒業式も入学式も旅行も、父親がいるべき場所は叔父が写ってる


自分が亡くなったら、この人どうなるんだろうと考えた事すらある


叔父が、一昨年脳梗塞で倒れた時に、本当に偶然、自分の誕生日と、同じく可愛がってくれた下の叔父の命日で、たまたま叔父の家にいた。  祖母は異変に気付かず、私が気づいて病院に連れてった


記憶障害が少し残ったけど、助けられた

運命だと思った


退院してからも口が開けられず、頭も痛くて、退院後3日世話になった


退院祝いでケーキを買ってくれて、ご飯から何まで世話してくれた

父親なんかより、ずっと父親


2日めの夜、叔父が夜中咳が酷くて、心配だった

帰る日に、荷物持って行くって言ってくれた叔父に、体調悪そうだから、ヘルパーに頼んで荷物を取りに来てもらい、1人で帰った


それっきり

夕方、電話があって、死んだって言われた


どれだけ感謝してたか、伝えてあげれば良かった

あの日、帰らなければ良かった

いたら、あの日のように絶対気づいたのに


自分が殺したのかも


叔父が亡くなったあと、誰もわからなかった叔父の暗証番号は私の誕生日


感動事が大嫌いだったのに、近くの七夕の飾りに、私が長生きしますように、って書いてた


誰もが母親が亡くなった悲しみで苦しんでると思ってる


まあ、叔父の関係なんて、うちは特殊なだけでみんな想像もしないんだろうな


母親も、叔父も  この世で1番大切な2人を失ってまで、生きる価値なんてあるのかな


あんなパートナーと過ごさず、正月叔父と会えば良かったよ  母親と過ごせば良かったよ


思い出すと何もかも 苦しいから、考えないようにしてるけど、七夕が近づくと思い出す


なんでこんなになったんだろ


自分の耳、健康、母親、叔父、負担にしかならない2人


よくもまあ、たった一年で、こんな酷い事が起きるもんだ


こんな不幸を超えるくらい、幸せな事なんて、多分おこらない


なんで生きてるんだろ

死んだらあれか


こうなってからしか出会えなかった人達、すっごい感謝してる人達が迷惑するかもしれないのか


もしかしたら、本当にもしかしたらだけど、悲しむのかもしれない


辛い時に支えてくれた人に嫌な思いさせるのは、嫌だな


生きたい理由にはならなくても、死にたくない理由の一つにはなってる


この人達を見る度に、母親に見せたかったなって思っちゃう

きっと母親は、こういう人達をとても好んだろう  


どうか、その人達が幸せになれますように

優しい人が辛い思いをする社会

自然とネットニュースも貧困や家庭の問題で苦しんでる人々の話に目がいくようになった


周りで助けてくれる人もそういう人が多い


人の事を考えて、想ってあげれるのに、苦しい思いをして、それでも他人に優しさを分けて…


おかしくない?この世界


金どうこうじゃない


屑が平気で笑って、優しい人達がより苦しむ


なんてくだらない世界だろう


幸せの王子様、だったか

他人のために自分を犠牲にして、どんどん分け与えていく像の王子様の話


ああいう人間が実際にいるのをみてるけど、幸せになれてる人なんて全然いないよ


テレビや雑誌で苦労話をフォーカスされる人間くらいだ


大衆は、くだらない感動話に涙し、口先だけの優しい言葉を吐いて、実際苦しんでる人々の事なんざ御構い無し


生きれば生きるほど、考えれば考えるほど、世界の嫌なところが目に入る


ディグニダス、だっけか


安楽死させてくれるとこ


あそこにいけたらなあ


難病じゃないと無理なんだって


精神も身体も、過去も含めたら、入れないのかな  


数ヶ月先でも、苦しまずに楽になれる未来があるなら、その日まで頑張れるのに


さっさと死にたい もうめんどくさい








芸能人が突発性難聴だって

おんなじだ


私は実際はそれ以上ひどいやつだったけど


歌うのもままならないって


だよね


なんで人がそうなっても、優しくできないような人間と一緒に時間過ごしたんだろ


気を使えなくてもいい?


とは聞かれたけどさ、


気は使えなくてもいいけど、あんな事言うのおかしいよ


私は、私を苦しい時に助けてくれた人達のためなら、自分の事なんか、どうでもいい


死にたい時に、必死になって助けてくれようとした人を、よく平気で傷つけられるなあ


自分は正しいと思ってるし


あんな人の残滓なんか、早く消したい


過去がけせれば、死にたい気持ちは消えるのだろうか?


死にたい気持ちより、嫌な記憶が消したいな