がーるの生きてるだけで御の字

希死念慮に取り憑かれつつ、なんとか生きてるって毎日を綴ってます

結局なんも変わらん 死にたい死ねたらいい

元気になってきた

めちゃくちゃ落ちて、また自殺しようと思ってたのに、友達と話したり、世の中に合わせることも無理することもやめて、髪染めたり好きな格好したら少し楽になったまた反動が凄いかもだし、また堕ちるときあるんだろうけど、少しふっきれた気がする…でも友達い…

今日何曜日だっけ?日にちもわからない 感覚がもどらないな明日カウンセリング毎日気分が浮き沈み鬱は一生治らないらしいね…

駅でLINE投稿したら、友達がすぐ声かけてくれたもっとワガママに生きていい、頑張らなくていーの ってでも、どうやって頼ればいいかもわからないけど、すぐ声かけてくれたバーベキュー近々あるって同級生に会いたい近いうちなら、まだ…そう思って引き返した…

行ってた飯屋すら閉まってるとか本当どこもいていい場所ないな何もかも悩み抱えてるとか言いながら、どいつもこいつも、パートナーなり家族なりコミュ障とか嘯くやつらも平気で話してやがるしコミュニケーション力ねえ奴は死ねばいいんだろ死ぬよ これ以上無…

居場所なんかない

人が談笑してる中に入るのは苦手だコミュニケーションなんて苦手会話が聞き取りにくくなった今は尚更やる事ないならいる意味さえない祖母と話して、明日の準備何のために生きてるのかわからない行くとこもないもういいや面倒

うまい事思いついた

聞こえない、お飾りになってしまった左耳の使い方思いついた不思議なもので、昨日まで死にたくなってたのが、急に消えたり、沸いたりするまあ、いいや 考えるのはよそうまた、いい漫画をオンノジ教えてくれた方から教えてもらった早速買ってみようどんなに心…

帰ってきた

中原中也の詩よごれつちまった悲しみに中原中也は子供が死んで以来、詩にも狂気を帯びていく子供1人でこうなのだ果たして、2人も大切な家族を相次いで亡くして、平静でいられるのだろうか実家に帰ってみたうちにある、子供の頃の写真はみんな叔父の写した写…

ここはどこでしょうか?

死ぬのも頑張んないといけないとか生まれなくて良かったっての望んで生まれたわけでもなしどこに行こうが幸せ面して寄り添ってる人間ばかり幸せなんてなれないわさっさと死にたいここで質問ここはどこでしょうか?昔、自殺掲示板にエクアドルさんと呼ばれた…

旅行

なんか病んできた前より元気になったあなたはきっと大丈夫あなたはまだ他の人より元気だから上辺しか見てない人間のくだらない言動にイライラなにも知らないくせに悲しむ暇も落ち込む暇もなかったんだよ冷静を保てないと誰も頼れなかったからだから表面にだ…

叔父の事

七夕が近づくなあ、と思いながら、叔父の事を考える障害者の両親に変わって、できない事を全部やってくれた子供の頃は叔父の家に入り浸り親より懐いてしまって母親が困惑してたっけ運動会も卒業式も入学式も旅行も、父親がいるべき場所は叔父が写ってる自分…

死んだらあれかこうなってからしか出会えなかった人達、すっごい感謝してる人達が迷惑するかもしれないのかもしかしたら、本当にもしかしたらだけど、悲しむのかもしれない辛い時に支えてくれた人に嫌な思いさせるのは、嫌だな生きたい理由にはならなくても…

優しい人が辛い思いをする社会

自然とネットニュースも貧困や家庭の問題で苦しんでる人々の話に目がいくようになった周りで助けてくれる人もそういう人が多い人の事を考えて、想ってあげれるのに、苦しい思いをして、それでも他人に優しさを分けて…おかしくない?この世界金どうこうじゃな…

芸能人が突発性難聴だって

おんなじだ私は実際はそれ以上ひどいやつだったけど歌うのもままならないってだよねなんで人がそうなっても、優しくできないような人間と一緒に時間過ごしたんだろ気を使えなくてもいい?とは聞かれたけどさ、気は使えなくてもいいけど、あんな事言うのおか…

吐き気がとまらない

前のパートナーのことを考えると、罪悪感と怒りでおかしくなる朝から吐き気がとまらないプレゼントの品を思い出すと、悲しくなるせっかく選んでくれた、大切な品、写真にとったままのクッキー、ぬいぐるみメッセージ書いてるだけで泣きそう誕生日、耳が治ら…

やっぱダメかも

母が亡くなった日の夕方から、左の眼がおかしいだけど、医者になど最早かかりたくない何度も誤診して、私も母もボロボロにした医者達高給貰って奴らがのうのうと生きてるのが腹ただしいどうせ、これ以上なにかあれば死ねばいい病院などいかなくてもかまわな…

苦しいな

幸せな夢など見なければいいのになあ最近、またいつもの夢をみるようになったもう十数年昔の些細な後悔未だに引きずってるあの時、違う選択してたら、もう少し幸せになってたのかな幸せな夢をみると、醒めた時の反動がおおきいな疲れる

大切な友達の事

自殺しようとおもいたった時思い留まれたのは、1人、心情を理解してくれた人がいたから同じような経験をして、同じように考えて、自分より早く似たような経験をしてたどん底に落ちて、理解もできないくせに口ばかりの助け船をだす連中、何の助けにもならず、…

今日思ったこと

人のいる場所で聞こえてくる会話ジムで、流れてるテレビどれもある芸能人の死についてだ場所は違えど、母と同じ病気母が2度目に入院する前、心配してみてたっけ 昔はあまり好きな人ではなかったけど、母とダブって見えて、blogもよくみた応援もしてた心無い…

居場所

自宅は悲しい思い出と、分かり合えない家族と、増えてく家族の遺影 いつからか、長年過ごした実家は居場所ではなくなり、 必死に家から抜け出ても、つきまとう家族の影、親族 人といると気持ちは落ち着くけど、生きる事に前向きな皆は眩しくて 居場所がなか…

生きてる意味ってなんだろ?

色んな人に、こんな世の中でも生きていたい理由を聞いてみた 父親のため 子供のため 叶えたい夢がある 考えた事もない 幸せだから 毎日楽しい事だけ探してたら、そんなの考えない 自分にはその一つもない 家族はいないも同然 夢はない やりたい事も 考えない…

生きてたらいい事ある、なんて嘘

生きる気がない 死にたい そういう度に、幾度も言われた言葉 生きてたらいい事ある そんなの戯言 生きてたらいい事ある、そう言えるのは、生きてたらいい事あった人だけ 幸せの分配は不公平で、歪 そんな状況にならないから、幾人もの人が死を選ぶのでしょう…

ジム通い

自殺未遂?後、私はジムに通いはじめました それは、相変わらず自宅に籠ると死にたい連鎖が始まるから だけど、何も頑張りたくない私は、とりあえず身体を動かして気分を紛らわす事にしました 先の見えない人生や幸せと違い、やった分だけ成果にでます 結果…

タイトルについて お目汚し失礼します

現在も死にたいと願いつつも、こういうタイトルをつけたのは2つ理由があります 一つは、私が昔イラストを描いてた時に、よくみてくださる方が教えてくれた『オンノジ』という本 脳腫瘍の恐怖に怯えていた頃、偶然私に似たイラストの本があるというのでみて…

希死念慮に取り憑かれて

色々な助けを借りつつも、祖母の入院、施設探し、母亡き後の実家の管理、父親の分も含めた行政関連の対応、仕事も生きる気力もないまま相変わらず世界は私に干渉をやめません また、片方とはいえ、聴覚の欠如はあらゆる場面にのしかかります たくさんの人に…

それから

飛び降りるには絶好の場所を見つけた私は、なんだか嬉しくなり、ついでに景色を散策します 何故かその時みた自然は、凄く鮮やかで、風は心地よく、夜の月は暖かな光で私を照らします 月明かりの中で、ふと、私は私より辛い体験をしながらも、私を気にかけて…

自殺したい

母の葬儀の前日、無口になった母と2人で過ごした夜 私の口から出たのは感謝の言葉と、我が傷を癒す時間もくれず、負担と悲しみに追い討ちをかけた事への恨み 翌日、葬儀の日、悲しみの気持ちを口にする参列者と父親や祖母の中で、私には悲しみがもうありませ…

母との別れ2

やがて母は喋る事が出来なくなり、ICUに入ったままの状況が続きます 私は、できる限りの神社を回り、お守りを病院にその都度飾ります しかし、自宅では痴呆の祖母が時折問題を起こし、父親は行政の手続きも、祖母の介護についてのやり取りもしてくれません …

母との別れ

それから1月もたたないうち、母はまた胃腸炎と診断されました 癌を治療した病院が、検査先に選んだ場所です また胃腸炎なわけが無い、と訝しみましたが、母は再発ではない事に安堵してたようでした しかし間も無く、ベッドから起き上がれなくなり、癌を治療…